第33回関東IVR研究会

座長・演者の先生へ

現地会場での開催+ZOOMウェビナーを使用したハイブリッド開催となります。
 

  • 開催形式:ハイブリッド開催(現地参加もしくはウェブ参加)
  • 講演形式:現地+ZOOMウェビナーを使用したLIVE配信

・後日のオンデマンド配信はありません。
 

共催セミナー

講演時間:セッションごとに異なります。
 

一般演題

講演時間:口演4分、質疑応答2


 

座長・コメンテーターへのご案内

  • セッション終了時間を厳守いただけますようお願いいたします。
  • セッション開始予定時刻の15分前までに講演会場前方の次座長・次コメンテーター席にお越しください。


 

演者へのご案内

口演発表の方へ

  • 原則、現地でのご参加となります。
  • 一般講演発表時間は6分(発表4分、質疑応答2分)です。
  • ご自身の発表30分前までに『PC受付』にてデータチェックを行ってください。
  • セッション開始予定時刻の15分前までに、講演会場の次演者席へお越しください。
    ※PC持込の方もご発表30分前までに『PC受付』にお越し下さい。『PC受付』にて接続確認後、講演会場前方左手のオペレーターにPCを渡して下さい。
  • 発表はすべてPCプレゼンテーションです。35mmスライド、ビデオでの発表はできません。
  • 液晶はプロジェクター1台を使用します。
  • 発表は演題上に設置されているコントロールキーまたはマウスにて演者自身に操作いただきます。(データ持込、PC本体持込とも同様)
  • 解像度はFull-HD(1920×1080)です。画面の設定を上記に合わせてください。
  • データの紛失を避けるため、発表データは必ずバックアップをお取りください。
  • 口演データをMacintoshにて作成された方は、ご自身のPCをお持ち頂けますようお願いいたします。
  • 講演時間になりましたら、ご登壇ください。座長の先生からイントロダクションがありますのでその後講演を開始してください。
  • 講演時間の厳守をお願いいたします。終了時間の目安として、お手元にランプをご用意いたします。
    講演終了時間3分前に黄色、講演終了時間を超過すると、赤色のランプが点灯いたしますので、ご確認ください。

 

メディアでのデータ持込の方へ

  • メディアはUSBフラッシュメモリーに限らせていただきます。
    ※CD-RCD-RWMOFDZIPはお受けできません。
  • OS およびアプリケーションソフトは下記に限定させていただきます。
    OSWindows 10
    アプリケーション:Microsoft PowerPoint20132019365
  • 文字フォント
    文字化けを防ぐため、下記フォントを使用してください。
    MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝、OSAKAMacintosh)、
    ArialArial BlackCenturyCentury GothicTimes New Roman
  • 動画データをご使用の際は参照ファイルを全て同じフォルダに入れてください。
    拡張子はWMVを推奨、Windows Media Playerで再生可能なものにてお持ち込み下さい。
    なお、AVIはコーデックの種類によっては再生できないものがございますので、ご了承ください。
  • 発表データ作成後、作成したパソコン以外のパソコンで正常に動作するかチェックしていただいたものを使用してください。
  • コピーした発表データは演題発表後、責任を持ってデータ消去いたします。

 

PC本体持込の方へ

  • PCお持込の場合は、PC受付終了後、ご自身で講演会場前方左手の機材卓にお持ちください。
    講演終了後、出来るだけ速やかにPCのお引取りをお願いします。
  • Macintosh持込の場合の注意点
    出力コネクタとの接続は「HDMI」を用意しております。
    一部ノートPCでは本体附属のコネクタを必ずご持参ください。
    ※PC電源のACアダプターは必ずご持参ください。
  • 発表データはデスクトップ上に発表ファイルが明確に分かるように配置をお願いいたします。
  • スクリーンセーバー、パスワード、省電力設定は事前に解除してください。
  • USBフラッシュメモリーに保存した発表データのバックアップは必ずご持参ください。